top of page
  • nahoko75

Wabi-Sabiサロン再開@Esher

とっても久しぶりの投稿になってしまいました。

常日頃から「イギリスで安心して過ごせる未来を作りたい」と思っておりますが、一体どのような形が求められているのか、私がどういう形でやっていくべきなのか、正直悩み続けていました。


本来私自身人と接する事が大好きで、もともとは老後の不安を解消したい、安心出来る家庭以外での第2の居場所を作りたいという想いから始めたビジネスです。


コロナもありオンラインというオプションが増えたのはとても有り難いのですが、今回は一時期初心に戻って、対面のデイサロンを6週間再開する事にしました。


場所はサリー州のEsherです。Esherはとても可愛くて魅力的な街なのですが、ロンドン郊外でハイストリートから駅までも距離があるので、近辺にお住まいの方しか参加するのは難しいかもしれません。


でも私自身も未だにカウンシルで働きながら子育てをしている身で、正直時間にも限界がありますので、自分に無理のない範囲でやっていきたいと思い、そして条件の整った場所を見つけたので、まずはここからゆっくりと再開していきたいと思っています。

もしこの近辺に住んでいらっしゃる方、近くに用事のある方は是非気軽に寄って頂ければ嬉しいです。



「住み慣れた場所で安心してこれからも過ごせるようなサポート、そして安心出来る居場所の提供」を目的としたサロンです。

毎週金曜日6月10日より6週間、午前10時から11時30分、サリー州Esherにて行われます。(Esher Quaker Meeting House,3 Claremont Lane,Esher,KT10 9DP)

20分の介護予防運動から始まり、後は1時間弱のフリーの時間となっております。

フリーの時間ではお茶とお菓子をお出ししますので、お喋りを楽しんで頂いても良いですし、脳トレ用のプリントやカードゲーム、パズルなどもご用意しておきます。

日本の本も少しですがお貸出し出来ます。

フリータイムの間、ご希望の方には10分間の個別リハを行います。(要予約)

10分間の個別リハで出来る事の例としては慢性的な痛みへのアプローチ(マッサージ、関節モビライゼーションやテーピング指導を含む個別リハ指導)、個別介護やリハビリ相談などが可能です。

お値段は個別リハ込みで11ポンド、個別リハ無しで6ポンドとなっております。

ご予約は以下のウェブサイトからご希望の日にちを選んで進んで下さい。(6月10日より)



しがらみのない、楽しいサロンにしていきたいと思っております。





閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

Comments


bottom of page