top of page
  • nahoko75

WASO

シニアケアの仕事をずっとしていると、自分の老後の事もよく考えてしまうものです。

イギリスのケアシステムに関しては、そんなに不満はありませんが、食事の事はやはり気がかり。


基本的にケア会社から派遣されるケアラーが食事を作る事はありません。

シンプルなサンドイッチくらいは作ってくれます。

あとは出来合いの物を温めたりはしてくれます。


お料理が出来ない方によくお勧めするのが、この2つの会社。

Wiltshire Farm Food


Oak House Food


どちらも冷凍のお料理を定期的に配達してくれます。

大体メインの食事で5ポンド前後。パブフードみたい。


カウンシルが提供するMeals on Wheelsというサービスもあります。

これは毎日ホットフードがご自宅に届けられます。

このサービスを支えるのは、料理をする事が困難な方に限ります。4ポンド。

やっぱりパブフード。。。


有難いサービスなのですが、日本人の私には毎日パブフードはきつい。

やはり日本食でしょう。醤油の味。


そんな時に分かりました。

最近よく広告を見かけるWASOの冷凍食がめちゃくちゃ美味しい!!種類も豊富!

一回のお食事が7−10ポンドくらいなので、上記のサービスよりはお高めですが、これから先入院する事とかあったら、退院直後にはお願いしたい。しかも納豆やお米、お味噌なども一緒に配達してくれるそうです。

https://www.waso.tokyo


ちなみに今回頼んだ物。一人ランチに最適でした。





肉系ばかり頼んでましたが、お刺身とかお魚系も豊富。

数食常備しておきたい。。。

イギリス全土配達してくれるようです。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

bottom of page