top of page
  • nahoko75

新年に伝えたい優しい気持ち


あけましておめでとうございます。

去年と違ってクリスマス直前ロックダウンもなく、家族や友人達と楽しい時間を過ごせました。

今年も写真の愛犬柴くんと一緒に新年を迎えられ一安心です。



去年の今頃は、「コロナが落ち着いたら、また家族や友人達と普通にハグするようになるのかな?」と思っていましたが、コロナは落ち着いてはいなくても、もう普通にハグするようになってます。。。

慣れってすごい。。。



毎年新年の抱負を立てますが、覚えているのは数日のみ。

いつの間にか何が新年の抱負だったかも覚えていないと言うお決まりパターン。

今年はそんな事がないように、ここに宣言したいと思います。



今年の新年の抱負は、2月からオンラインサロンを始める事です。

少しでも多くの人の「イギリスで年をとることの不安」を軽減するお手伝いをする事。


そしてコロナが落ち着いてきたら、また数カ月に一度でも実際にお会いできる場をまた設けていきたいと思っています。だってやっぱり実際に会うが一番!


私は、不安な気持ちというのは分からないからこそ、どこまでも広がっていくものだと思っています。

イギリスでのケアシステム、医療システムを少しでも詳しく知理、知識を得る事で、具体的にどのように対処していけばいいかが分かり、不安な気持ちに立ち向かっていけると信じています。

そして、それは早ければ早い方が、実際その場面が来た時に冷静に判断が出来ます。


より多くの事をより多くの人に伝えていけるように、いろいろな業種の方々とも繋がっていけたらと思っています。


一つ一つの出会いに感謝して、穏やかな優しい気持ちを忘れずに、2022年も駆け抜けられたらと思っています。

皆様の一年も素晴らしい年になりますように。

そして早く日本に気軽に帰れる日が来ますように。。。






閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

댓글


bottom of page