top of page
  • nahoko75

ドキドキの初回サロン★


緊張の第一回目のデイサロンが無事に終わりました。

お忙しい中、足を運んで下さった皆さんに心から感謝です。


このサロンを始める前、始めるかどうか悩んでいました。

やっても誰も来てくれないかも。。。興味持って貰えないかもとか、考え出したら止まらなくなる魔のネガティブループに何度嵌ってしまった事でしょう。

でもこうやって初回皆さんにお会い出来て、「始めて良かった」と心から思いました。


自己紹介では皆さんのお話がすごく参考になって、面白くて、時間が足りないくらいでした。

私が学ばせて頂く事もとても多くなりそうです。



Zen cateringさんから提供して頂いたプチシュークリームも絶品でした★



そしてサロンを始めるにあたり集まった本の数々!!

デイサロンでは日本語の本の貸し出しもしています。

有難い事にすごく沢山の日本語の本が集まりました。

今回は最初という事もあり、一部を持って行きましたが、喜んでいただけたようで嬉しいです。

沢山の人達に支えられてようやく一歩を踏み出しました。人の有難さをヒシヒシと感じた一日になりました。




今回のテーマは「イギリスでの介護にかかるお金の話」。

何かとお金のかかるイギリスのケア事情。でも絶対に介護に関わる前に是非知っていて頂きたい!


次回はこのお話をした時に質問を頂いた「先取り財産分与」をした場合の事、そして介護がいる段階になった時に「国から貰える可能性のある給付制度」についてお話をしてみたいと思っています。


皆さんのご意見、ご感想とても有難いです。

修正を繰り返して、舵を取り直して、皆さんが楽しみにして頂けるようなデイサロンにしていきます。

閲覧数:256回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

Comments


bottom of page