top of page
  • nahoko75

私の想い

「イギリスに住む私達が安心して過ごせるような環境を作っていきたい。」


という気持ちでWabi-Sabi Careを始めたのが去年の11月。


最初月に一回のデイサロンをしながら、メインは1対1の個人での対応を目指していました。

デイサロンを始めてみて、たったの2回でコロナの影響と、施設側からの要望もあり、オンラインに切り替え。


こんな時だからオンラインの方が気軽に参加出来て良いかもしれないと、すぐに行き詰まってしまいました。

理由は沢山あるのでしょうが、私がオンラインの知識に乏しく未熟な事、計画性が無い事、そして臆病な事が大きな原因だと思います。

テクノロジー苦手。。。


「一体何がしたいのか分からない」

言われた事もありますが、私自身も何がしたいのか分からなくなって、前に進めませんでした。


やりたい事はずっと変わっていないんです。

イギリスで安心して過ごせるようにしたい。


でも何が求められているのか分からないから、どんな形が一番良いのか分からなくなる。

そもそも介護って明るい話題じゃないし、なるべくなら本当に必要な日がくるまで、考えたくない事かもしれないし。。。など、負のスパイラルに陥ってしまったり。



色々考えた結果、やはり私はオンラインよりも人と人が触れ合える場所を作っていきたい、安心出来るような場所を作っていきたいと思っているので、今回サリー州Esherでデイサロンを週に一回始めていく事にしました。


公共機関では来にくい場所なので、全然参加者がいないかもしれないという事も重々承知です。

でもまずは、自分に無理のない範囲で始められるところでやってみたいと思います。



参加出来ないという方に関しても、「興味があるけれど遠すぎる」「こんな感じにしたらどうだろう」などの意見があれば、お聞かせ頂けるととても嬉しいです。

ご要望には添えないかもしれませんが、今後の参考にさせて頂きたいと思います。


「三歩進んで二歩下がる〜」

常に方向転換をしながら、いつか理想の形に。

新しいデイサロンは6月11日から始まります。


最初の20分は介護予防を目的とした運動。その後はグループディスカッションをして他の人の経験から色々学んで頂いたり、お茶とお菓子とお喋りを楽しんだりといった時間になります。

皆の前で聞きにくい事、相談や個別リハご希望の方はまずお問い合わせ下さい。


ご予約はウェブサイトから。もしくはメールでご一報下さい。





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

Comments


bottom of page