top of page
  • nahoko75

スライドシートを正しく使えていますか?


スライドシートは、クライアントの体位変換が簡単に出来るようになる便利グッズ。

これさえあれば、一人でも大体のクライアントの体位変換が簡単に出来るようになります。


2枚重ねて使う物や、チューブ型になっている物など様々です。


ベッドとクライアントの間に敷き込んで、サッとスライド。


病院やケアホームなど、スタッフが2人以上いるところでは2人でクライアントの両脇に立ってスライドさせます。


気をつけて欲しい事。

· スランドシートを使う時は、必ずベッドを介助者の腰の位置まで上げましょう。介助者の負担が軽くなります。

· スライドする側に背中を向けて、体を倒す事でスライドシートをひっぱりましょう。写真のように立って、横にスライドするよりずっと楽です。

· スライドシートの敷きっぱなしは駄目です。敷きっぱなしにしたいのなら、スライドシートではなく、サテンシートがお勧め。

· 一人でスライドシートを使って、クライアントを動かしたい時は、ジグザグにスライドさせると良いです。介護者が一人の場合もスライドシートよりサテンシートがお勧めです。


サテンシート↓





ちょっとした工夫で、介護時の体にかかる負担はだいぶ軽くなります。




*******************************

イギリスで年をとることに不安な気持ちはありませんか?

イギリスのケアシステムを知ってみませんか?


日本とイギリスで20年医療福祉の現場で働いた経験をもとに、Senior Care Consulting Serviceを提供しております。


初回オンラインサロンは2月16日水曜日イギリス時間20時からです。






閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由

イギリスで老後を過ごす事が不安な理由(私も含め) どうにかならないでしょうか? ① 言葉の問題 やっぱりこれ。何年住んでもやっぱり母国語が一番楽。 将来健康面で問題が出てきて、母国語以外で繊細な症状や経過のコミュニケーションがとれるかが不安。 認知症などによって、英語が出てこなくなるかもしれない。 ただ知っていて欲しい事は、イギリスのNHSでは本人が望めば、ご本人の負担額なしで医療通訳サービス

Comentarios


bottom of page